特に夜間撮影に強いドライブレコーダー3機種徹底比較【2019】

メインキャッチ

ドライブレコーダーで夜間撮影に強いモデルを探してみると、最強と思われるスペックの物はわずか3機種しかありませんでした。このページでは、なぜその3機種が最強といえるのか?夜間撮影にはどのような機能が必要なのか?3機種以外のおススメは無いのか?を紹介したいと思います。

▼ クリックで目次を表示

ドライブレコーダーの夜間撮影が強い3機種とは?

メインフォト

このページに来られたあなたは夜間撮影に強いドライブレコーダーを探していると思います。

実際に付けてみないと判らないということもありますが、搭載されている機能だけを見てもある程度は絞り込まれます。

特に注目したい機能が「STARVIS™」(スタービズ)です。

「STARVIS™」(スタービズ)はSONYが開発した夜間撮影に強いCMOSセンサーのことです。

後ほどその性能に関しては説明しますが、まずは名前だけでも覚えておいてください。

さらにそこから「HDR」(エイチディーアール)と「WDR」(ダブリューディーアール)の機能を搭載したドライブレコーダーを絞ると、わずか3機種になってしまいます。(「HDR」と「WDR」に関しても後ほど説明します)

ドライブレコーダー人気メーカーのコムテック製では1機種のみ対応機種があり、で「ZDR026」がSTARVIS搭載&HDR/WDRに対応しています

コムテックの「ZDR026」は前後カメラ共「STARVIS™」搭載で、前方後方の夜間撮影に最適と言えるでしょう。

ZDR026

ZDR026

楽天/アマゾン/ZDR026Yahoo!ショッピング

他でSTARVIS搭載&HDR/WDRに対応しているのはパイオニア〔カロッツェリア〕の2機種だけでした。

VREC-DZ600」と「VREC-DZ600C」の2機種は「STARVIS™」&HDR/WDRに対応していて共に新製品です。「VREC-DZ600」と「VREC-DZ600C」の違いに関しては下の方で説明しています。

VREC-DZ600

VREC-DZ600

楽天/アマゾン/VREC-DZ600Yahoo!ショッピング

VREC-DZ600C

VREC-DZ600C

楽天/アマゾン/ VREC-DZ600CYahoo!ショッピング

これら3機種の他は「STARVIS™」は搭載されているがHDRかWDRのどちらかのみ対応という機種が9機種ありました。ページ下で機種名のみ紹介しています。

一覧表を見る前に「STARVIS™」と「HDR」と「WDR」の機能に関して説明します。

機能説明はいいので早く一覧表を見たいというせっかちさんはコチラ⇒夜間撮影に強い「STARVIS?」と「HDR」または「WDR」機能付きのドライブレコーダー一覧を参照してください。

>>目次を表示<<

夜間撮影に強いドライブレコーダーの機能<STARVIS™>

SONY

STARVIS(スタービズ)は,ソニー (株) の商標で、1µm2あたり,2000mV以上 (カラー品,706cd/m2光源撮像時,F5.6,1s蓄積換算) の感度を有し,可視光領域に加え近赤外領域までの高画質を実現した,監視カメラ用途CMOSイメージセンサ用 裏面照射型画素技術です。

starvis

<出典:SONY(株)>

もともとは監視カメラ用途CMOSイメージセンサ向けに開発された技術なのでSTARVIS™搭載の防犯カメラは数多く販売されています。

↑左上が「STARVIS™」搭載のカメラで撮影された動画。

「IMX290」という名前のCMOSセンサーで他にも「IMX290LQR」や「IMX291LQR」といった種類があり、実際にドライブレコーダーにどのCMOSイメージセンサが使われているかは、少なくともコムテックとカロッツェリアのカタログには掲載されていませんでしたが、「STARVIS™」の機能が搭載されているドライブレコーダーを絞り込むと2019年9月の時点では12機種しかありませんでした。

SONYは昔から業務用カメラや家庭用ホームビデオカメラの技術が優れており、家庭用ホームビデオカメラの「ナイトショット機能」は赤外線を使って暗闇でも被写体を撮影出来ることで定評があります。

最近ではあまり見なくなりましたが、ドライブレコーダーのカメラの周囲に赤外線LEDを何発か搭載して夜間撮影も可能という”うたい文句”で販売されているモデルを見かけましたが、小さな赤外線LEDを数発付けたところで照射範囲は1m足らずなので、ほとんど意味がないという機能でした。

夜間撮影

↑2,480円という激安ドライブレコーダーには未だに赤外線LEDが”存在感を醸し出して”いますけど、、、

「STARVIS™」は「1µm2あたり,2000mV以上 (カラー品,706cd/m2光源撮像時,F5.6,1s蓄積換算) の感度」と言われても素人にはチンプンカンプンですが、

「昔から夜間撮影には定評があるSONYの技術だから信頼がおける」

くらいに認識しておけば良いでしょう。

>>目次を表示<<

夜間撮影に強いドライブレコーダーの機能<HDR/WDR>

夜間撮影

「HDR」搭載や「WDR」搭載といったドライブレコーダーがありますが、それぞれの機能の違いは何なのか説明します。

まず「HDR」ですが、ちょっとややこしいです。

「HDR(エイチディーアール)」の意味は「ハイダイナミックレンジ」の事ですが、調べてみると映像を撮影するカメラ性能でのHDRと4Kテレビの性能のHDRでは内容が違うようです。

「ハイダイナミックレンジ」の解釈は「広い明るさの幅」で良いと思います。4KテレビからはこのHDRに対応した画面のモデルが増え、HDR映像では明るい部分と暗い部分どちらの階調も犠牲にすることなく、より自然でリアルな描写が可能になっています。

私の家も昨年4Kテレビ(HDR対応)に変えましたが、光(色)の諧調表現力が格段にあがったおかげで素晴らしい画像を堪能出来ています。

簡単に言うと4Kテレビなどの映像を映し出すパネルのHDRは「輝度」 = 「映像の明るさ」のことを現わしていると思えばよいでしょう。

一方カメラなど映像を撮影するHDRの機能説明を調べてみると、「白つぶれ、黒つぶれを軽減する」という説明が多いです。

カメラで撮影した際に光の取り込みレベルを変えた写真を複数枚同時に撮影し見易い部分を合成して出力する技術のことをHDRと称しています。(スマホのカメラにもHDRの機能がありますね)

WDR(ダブリューディーアール)は「ワイドダイナミックレンジ」のことで、撮影の方式としては倍の数のコマ数を撮影し、明るさと暗さの画像を取りそれを見えやすいところ同士合成して白飛びも黒つぶれもしにくい映像が撮影できる技術です。

WDRの解釈もドライブレコーダーのメーカーによって違いがあるようですが、大きく2つの処理方法に分かれるようです。

●色、明るさのメリハリがあり、景色が綺麗に撮影出来る

●ソフトウェアの処理で画像のコントラストを落とす

HDRとWDRは似ているようで若干違うけど、どちらも「白つぶれ、黒つぶれを軽減する」と覚えておけばよいですね。

上で説明した「STARVIS™」のセンサーにはWDR機能があるものもあります(IMX290LQR、IMX291LQR)。

「STARVIS™」搭載のドライブレコーダーを探してみると、「STARVIS搭載&WDR」というのが多いので、恐らくWDR機能付きの「STARVIS™」が搭載されている可能性が大きいです。

「STARVIS™」搭載でWDRの機能が無く、HDRのみ対応というのは

●セルスター「CSD-790FHG」

●ユピテル「SN-ST50c」「SN-SV60vd」「SN-SV60c」「SN-SV70c」

の5機種でした。これらはWDR機能が付いていない「STARVIS™」のセンサーを使っているという事になりますね。

>>目次を表示<<

夜間撮影に強い「STARVIS™」と「HDR」または「WDR」機能付きのドライブレコーダー一覧

夜間撮影

夜間撮影に強いドライブレコーダーは?という事を調べているうちに「STARVIS™」や「HDR」「WDR」といった機能が搭載されているか否かが重要だという事が分かりました。

「STARVIS™」「HDR」「WDR」全て対応したドライブレコーダーは最初に説明した3モデルです。価格なども含めて機能の比較をしてみました。

●2019年9月12日時点の実売価格(楽天最安値を参照)を掲載しています。

メーカー名 COMTEC Pioneer〔カロッツェリア〕 Pioneer〔カロッツェリア〕
製品名 ZDR026 VREC-DZ600 VREC-DZ600C
画像 ZDR026 VREC-DZ600 VREC-DZ600C
実売価格 29,000円~ 22,690円~ 22,690円~
カメラ数 2カメラ 1カメラ 1カメラ
カメラ 撮像素子 1/2.8型CMOSセンサーSTARVIS技術搭載《リヤカメラ》1/2.8型CMOSセンサーSTARVIS技術搭載 約200 万画素(車載用高感度 CMOS センサー) 約200 万画素(車載用高感度 CMOS センサー)
レンズ画角 水平113° 垂直60°(対角133°)《リヤカメラ》水平113° 垂直60°(対角133°) 【記録画角】水平130° 垂直68° 対角160° 【記録画角】水平130° 垂直68° 対角160°
F値 F2.0《リヤカメラ》F2.0 F2.0 F2.0
液晶解像度 320×240
電源電圧 DC12V DC 12 V / 24 V(専用シガーライター電源ケーブル付属) DC 12 V / 24 V(専用シガーライター電源ケーブル付属)
液晶サイズ 2.7インチフルカラーTFT液晶 1.5インチ液晶 1.5インチ液晶
GPS
Gセンサー ●(ON/OFF調整可能:0.1G~1.0Gまで0.1G単位で設定可能) ●3軸Gセンサー内蔵 ●3軸Gセンサー内蔵
HDR/WDR機能 ● ※フロントカメラのみ ●HDR/WDR ●HDR/WDR
駐車監視機能 ●オプション:HDROP-14が必要 ●振動検知 振動検知
駐車監視タイムラプス録画
録画サイズ WQHD(2560×1440)/ FullHD(1920×1080)/HD(1280×720) フルHD(1920×1080p)、HD(1280×720p) フルHD(1920×1080p)、HD(1280×720p)
フレームレート 19.1fps/29.1fps 27.5 fps 27.5 fps
記録方式 常時録画/イベント録画(衝撃録画/マニュアル録画[手動録画]/後続車接近録画) 連続録画/イベント録画/手動イベント録画/駐車監視録画 連続録画/イベント録画/手動イベント録画/駐車監視録画
映像ファイル形式 AVI(MPEG-4 AVC/H.264) 動画 MP4(H.264)、写真 JPG 動画 MP4(H.264)、写真 JPG
録画ファイル構成 1ファイル30秒単位 1分/3分/5分 1分/3分/5分
記録映像再生方法 ●専用ビューワソフト ※Windows7/8.1/10専用●ビデオ出力(オプション:VC-100が必要)●本体液晶 ●パソコン用ビューアーソフト「Driving Viewer」に対応※Windows7/8.1/10に対応。MacOSには非対応となります。※地図ソフトは「MapFan Web」を使用しています。 ●パソコン用ビューアーソフト「Driving Viewer」に対応※Windows7/8.1/10に対応。MacOSには非対応となります。※地図ソフトは「MapFan Web」を使用しています。
記録媒体 microSDHCカード(付属:16GB/class10)※8GB~32GB対応 class10推奨 microSDHC/microSDXC カード class10(8 GB ~ 128 GB) microSDHC/microSDXC カード class10(8 GB ~ 128 GB)
安心機能 緊急録画停止機能※3
安全運転支援機能 後続車接近お知らせ機能
先行車発進お知らせ機能
先行車接近お知らせ機能
前方信号お知らせ機能
車線逸脱お知らせ機能
ドライブサポート機能 ※5
車速アラーム機能
カメラ輝度調整 ●(フロントカメラ3段階/リヤカメラ5段階に調整可能)
液晶の明るさ調整 ●(3段階に調整可能)
録画中の液晶表示 常時点灯/速度連動/時計表示/フロント・リヤ2画面/OFF
カレンダー/時計表示
液晶反転機能
日時情報の記録
おまかせ設定機能 ※6
かんたんスイッチ※7 〇(再生/録画/録音の3種類から選択可能)
取付け フロントガラスルームミラー裏
ダッシュボード
サブ(リヤ)カメラ取付位置 リヤガラス/リヤトレイ
対応車種 12V車
製品保証期間 1年(消耗品は除く)
記録時間 8GB 約30分~約80分
16GB 【付属】約60分~約160分 ※初期設定:約90分 【付属】15分~2時間30分 【付属】15分~2時間30分
32GB 約120分~約320分
128GB 2時間~20時間 2時間~20時間
初期設定 録画サイズ設定【FullHD】/フレームレート設定【19.1fps】/画質設定【高画質】
本体サイズ(突起部除く) 89.4(W)×52.1(H)×32(D)/mm取付ステー装着時:89.4(W)×82.1(H)×32(D)/mm《リヤカメラ》56.2(W)×24.6(H)×27(D)/mm取付ステー装着時:56.2(W)×45.6(H)×27(D)/mm 78.6 mm × 77.3 mm × 47.4 mm 78.6 mm × 77.3 mm × 47.4 mm
重量 113g(取付ステー含む)《リヤカメラ》33g 118 g(取付ブラケット、電源ケーブルなどを除く) 118 g(取付ブラケット、電源ケーブルなどを除く)
Wi-Fi 搭載(iOS / Android 専用アプリ接続用) 搭載(iOS / Android 専用アプリ接続用)
内蔵バッテリー容量 750 mAh 750 mAh
ノイズ対策機能
同梱品 シガーライター電源ケーブル、取付ブラケット、microSDHCカード(16GB)等 電源・AVケーブル、取付ブラケット、microSDHCカード(16GB)等
音声録音 ●音声録音(ON/OFF可) ●音声録音(ON/OFF可) ●音声録音(ON/OFF可)
SDカード録画警告 ●録画エラー警告機能 ●録画エラー警告機能
その他 カメラリバース機能 カメラリバース機能
通販サイト 楽天/アマゾン/ドラレコYahoo 楽天/アマゾン/VREC-DZ600Yahoo!ショッピング 楽天/アマゾン/VREC-DZ600CYahoo!ショッピング

カロッツェリアの「VREC-DZ600」と「VREC-DZ600C」の違いはほとんど見当たりませんでした。恐らく本体は全く同じ筐体と思われます。2つの製品で違うところは

「VREC-DZ600」同梱品:シガーライター電源ケーブル

「VREC-DZ600C」同梱品:電源・AVケーブル

しか相違点がありませんでした。まさか名前の「C」はケーブルのC?

このカロッツェリアの2機種が全く同じということなら、「STARVIS™」「HDR」「WDR」全て対応した機種というのは、コムテックの「ZDR026」か、「VREC-DZ600」「VREC-DZ600C」は同じということで厳密には2機種しかないという事になりますね。

しかもコムテック「ZDR026」は前後2カメラのモデルなのに対しカロッツェリア「VREC-DZ600」「VREC-DZ600C」はフロントのみの1カメラモデル。

実売価格の差が6,300円だけコムテック「ZDR026」が高いだけなので、後方の撮影もあった方が良いということを考えるとおのずとコムテック「ZDR026」を選ぶ人が多いというのは頷けます。

コムテックは安全運転支援機能もかなり充実していますし。

冒頭でも説明しましたが、コムテックの「ZDR026」は前後カメラ共「STARVIS™」搭載で、前方後方の夜間撮影に最適と言えるでしょう。最適というより最強ですね。(HDR/WDR機能はフロントカメラのみ)

コムテックはここ2年ほどで一気にドライブレコーダーの人気メーカーになった理由はコストパフォーマンスがかなり良いからだということが比較一覧表を見ても判ると思います。

上で紹介した3モデル以外で「STARVIS™」搭載のドライブレコーダーは以下の通り。

カロッツェリア
「VREC-DZ700DSC」STARVIS搭載&WDR
「VREC-DZ700DLC」STARVIS搭載&WDR

ユピテル
「SN-ST50c」STARVIS搭載&HDR
「SN-SV60vd」STARVIS搭載&HDR
「SN-SV60c」STARVIS搭載&HDR
「SN-SV70c」STARVIS搭載&HDR

セイワ
「PDR800FR」STARVIS搭載&WDR

セルスター
「CSD-790FHG」STARVIS搭載&HDR

GoSafe
「S70GS1 GSS70GS1-32G」STARVIS搭載&WDR

<追記>上記9機種の比較一覧表を作成しましたのでそちらも参照してみてください。

STARVIS搭載ドライブレコーダー2019年現行モデル比較一覧

>>目次を表示<<